父が昔住んでいたところ

お客様の会社が墨田区の八広という所にあって、1週間出張のため近くに来ています。

夏休みに実家に帰ったら、私の父が子供の頃に近くに住んでいたということが分かりました。
父の話は、すべてに「昔は」と前置きがつきましたが、どの位昔かというと、たぶん65年位前のことらしいです。
だいたい、こんな事を言っていました。
 ・国道6号はなかった。国道を作るとき(空襲とは別の時期)に立ち退きをやった。
 ・5年生まで更正小学校に通っていた。
  6年生のとき北海道に疎開してそれで終戦になった。
 ・八広駅は以前は荒川駅という駅名だった。
 ・今の場所より南側に橋がかかっていた。
 ・荒川は今の場所でなく、バイパスになっている放水路の方が本来の荒川だった。



出張のついでに、ちょっと散歩してみることにしました。

墨田区八広

まさかと思いましたが、民家の密集地帯にお客様の会社があります。
昭和30年代とみられる建物がまだ残っていたりします。



京成電鉄 八広駅

今の八広駅。
ちょっと前まで荒川駅だったようですが、近くをみても以前の駅名が分かる物は何もありませんでした。



荒川

駅からは、荒川がよく見えます。



更正橋

曳船通り沿いの歩道橋。
小学校から50mほど離れています。
「更正橋」となっています。



八広小学校 玄関


八広小学校 校庭

小学校の玄関は「八広小学校」となっています。
「更正小学校」とはなっていません。
※WEBで調べた結果では、平成15年頃の小学校の統廃合で名前が変わったようです。



向島更正 尋常小学校

危ないので横倒しにして置いてありました。
欠けてしまっている所と、字が読みにくいところがありました。
「向島更正 尋常小学校」と書いてありました。

(↑この写真だけは拡大表示できるようにしておきました)



こうせいばし

校庭の端っこに面白いものをみつけました。
「昭和8年2月」の方の側面には 「こうせいばし」 と書いてありました。

2個あったということは、この石は、当時 橋の両側に設置していたものなのでしょう。
「別の場所に橋がかかっていた」と言ってましたが、どうやら本当のことのようです。

そもそも小学校のそばの歩道橋の名前に「更正橋」とあえて「橋」と付けているのも何かヘンなことです。
以前は川か水路が通っていたため、地名はその名残なのではないでしょうか?



結論としては、父の言っていたことはほとんどが正解で、スゴイ記憶力だったんだということです。



ところでネット上でその近辺の昔の写真を墨田区で保管しているようです。
興味ある方は、見てみると何か発見があるでしょう。
http://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/library/picture/index.html
↑ ココ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

八広小 近隣の者です
2017年10月22日 16:59
初めまして。12年前から向島近隣に住んでします。
検索していたら、こちらの記事を見つけて興味深く拝読しました。
いま住んでいる者には、こういった歴史は面白いです。ありがとうございました。
2017年12月06日 11:11
これを書いたのが10年前で会社員をしていた頃、たまたま八広駅近くへの出張があったので、ついでに小学校の方へ寄らせてもらいました。
現地付近は相当昔の建物が残っている下町だったのでびっくりしました。

この記事へのトラックバック